ハイドロキノン

【意外と難しい】ハイドロキノンの使い方を紹介!口コミも!

ハイドロキノンって、聞きなれないですよね!

肌のキレイになる方法を調べて、ハイドロキノンという言葉をはじめて知った人も多いのでは?

私も最初は全然、分からなくて困っていました。

なので、今回は、ハイドロキノンとはナニか、ハイドロキノンの使い方を分かりやすく説明していきます!

 

ハイドロキノンって何?

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは、アメリカで20年以上前から、肌の美白剤(漂白剤)などと言われて使われています。

最初はクリニックや医療機関での扱いだったのですが、最近では、楽天などの通販でも、ハイドロキノンが配合された美容液などを見かけるようになりました!

ハイドロキノンは、シミの偏印となるメラニンの生産を減らし、シミを減らしてくれると言われています。

メラノサイトの働きを、おさえてメラニン数も減らしてくれるので、もともとできる、シミを予防することも可能です。

 

ハイドロキノンを使ってほしい悩み

ハイドロキノン 使い方

  • ニキビを放っておいたら、ニキビ跡になってしまい跡が残ってしまった人
  • アトピーで色素沈着が残ってしまった人
  • 全体の色素沈着が気になる人
  • 肌のシミが気になる人
  • 肝斑が気になる人

肝斑って何って方の為に簡単に説明すると

両方のほほの左右にできる、薄い茶色のシミ

更年期の女性に出やすく、ホルモンのバランスがくずれがちな時期にできやすい。

 

見た目も、薄いですが、近くでみると目立つため、気になる方が多いのも事実です。

なくなるだけで、かなり肌が若々しく見えるので、消したいって方がかなりいます。

 

トラネキサム酸という内服薬で一般的には治療したり、クリニック治療もあるよう!

30代でできる人も少数派ですがいるので、あなどれない肝斑・・・

 

どうやってハイドロキノンを使って治していったら良いのでしょうか?

 

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノン 使い方

  1. しっかり洗顔して水分をふき取る
  2. いつものように、化粧水をしっかりしみこませます。
  3. シミや色素沈着の気になる部分だけにぬる
  4. 乳液やジェルで保湿する

 

ハイドロキノンクリームを使うと、紫外線の影響を受けやすくなるので、しっかり日焼け止めを塗ることを忘れずに!

SPF20以上がオススメです!

また、ハイドロキノンクリームが肌に合わない人もいますから、最初は、腕などに塗り伸ばして様子をみてみるのがいいです!

ハイドロキノンはトレイノチンとの併用で効果が出る商品

ハイドロキノン 使い方

 

ハイドロキノンは一般的にトレチノインとの併用で効果が出るので、併用して使うことをオススメします!

詳しい、ハイドロキノンとトレチノインの併用の仕方は、こちらで解説しています↓

ハイドロ、トレチノイン併用の使い方はこちら

 

ハイドロキノンを使った人の口コミ

ハイドロキノン 使い方

 

顔や、バストの黒ずみも気になっていたので使っています。

最初使用したら思ったより刺激が強かったようで、ポツポツっぽいのができたので、1日飛ばして使っていました。

色素沈着していたニキビ跡もよくなったようなので、使い続けていきます。

とりあえず、1ヶ月使える様にします。

 

成分が強いのか、慣れるまでちょっと痛い感じが。

トレチノインとの併用をオススメされていたので、併用して使いました!

かなりしみて、痛かった時期は少しだけで、慣れたら使えるようになってシミも薄くなっていきました!

あきらめないで使うことが大切かもしれません。

 

匂いが珍しい感じです、でもなれたら何も感じなくなりました。

1か月使ってやっとシミが薄くなってきたなと感じびっくりしました。

シミの部分だけに上手く塗れるようにしているので、結構長持ちしそうです。

買いすぎました。

 

これを使ってから、肌の明るさが明るくなりました。

しかし、結構ヒリヒリして痛かった、でもそれをのりこえたら、シミがうすくなったので良かったです!

残りも使い続けてみます。

 

肝斑とシミに悩んでいました。

今まで、クリニックで買っていましたが、通販でも買えるのを知って買って使っています。

全体に伸ばさないで、気になるところだけに使うように気をつけています。

シミが薄くなっている気がします。

 

ハイドロキノンの使い方を紹介!口コミも!最後にまとめ

ハイドロキノン 使い方

ハイドロキノンは、かなり成分が強いようなので、シミが気になる部分にだけ塗るコトがポイントです。

最初はヒリヒリするようなので、気をつけて・・・

ヒリヒリしたけど頑張って続けたら、シミが薄くなったという人もいましたが

我慢できないくらいなら、やめて、一度間隔をあけて使うのがいいと思います。

 

先ほども説明しましたが、一度腕などに付けてみて、様子をみることをオススメします。

 

また、紫外線の影響を受けやすいので、、必ず、外に出るときは日焼け止めを塗るコト!

ぼうしをかぶったり、日傘をかぶったりして、紫外線を避けてください。

 

以外に春でも紫外線が強いときがあるので、年中注意したほうがいいかも、それで、反対にシミが濃くなったということもあるみたいです。

 

また、本当にケアしたい人は、トレチノインとの併用することを意識してみては?

 

全体に塗るコトがなく、本当にシミが気になる部分にぬるから、クリーム1本でかなり長持ちする気がします。

 

効果が出たら、そのまま使い続けずやめて、日々のスキンケアに戻すことがいいですね。

 

しっかり使わないと反対に、シミが濃くなったりするので、使い方には要注意です!

 

ちょっと怖いって人は、クリニックに通ってちょっと高いけど、先生に相談しながら使ってみてもいいのではと思います。

他の商品と比べるとちょっと使い方が難しいところもあります。

 

では、トレチノインの使い方も次の記事で説明したいと思いますのでよろしくおねがいします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA